ひとり時間を楽しむ

話題のガストの一人席を目指してガストに行ってきた

2019-06-14

先日のブログにも書いた、今話題になっているガストの一人席。

 ➡️ おひとりさま好きに朗報!ガスト「おひとりさま向け」の1人席(ボックス席)が話題になっている

私も行って来ました。
私が行ったのは神奈川県にある港北センター南駅にあるガスト。
平日の14時過ぎということもあり、店内は空いていました。

目指すは一人席!!

ありました、ありました♪
 

ガストの一人席はこんな感じ

ガストの一人席はこんな感じ。

座席には電源もあるので、充電が出来るのはポイント高し!
テーブルの下には荷物が置ける棚がついてます。
「窮屈かな?」と思ってたんだけど、足は伸ばせるしあまり窮屈さは感じなかったです。
ただ完全な個室ではないので、隣を従業員やお客様が通るのが少し気になりましたが、でもいい感じです。

メリット、デメリットはこんな感じかな。

ガスト一人席に感じたメリット

◆充電が出来る
◆無料Wi-Fiが利用可能
◆ドリンクバーがある
◆周りの目も気にならない
◆時間制限がない

ガスト一人席に感じたデメリット

◆タイミングによっては周りの席が騒がしいことも…
◆席数が少ない
 
時間制限もないので、スマホやPCの充電切れを気にせずに気の済むまでゆっくりと過ごせるのは素晴らしい!ですね。
(混雑時の長時間の利用は避けるのがベター)

ガスト一人席のある店舗はこちらに記載
➡️ おひとりさま好きに朗報!ガスト「おひとりさま向け」の1人席(ボックス席)が話題になっている
 
話は脱線しますが…大戸屋も一人席を増やした店舗が出来たようです。
 

大戸屋も一人席倍増の店舗が都内にオープン

おひとりさまの需要が増えてきたようで、おひとりさま向けのサービスをするお店が増えてきました。

大戸屋も一人席を増やした店舗が都内にオープンしました。

 ➡️ “おひとりさま”拡大 大戸屋 専用席を倍増!

気兼ねなくひとりでも来店しやすいよう、向かい合わせのロングテーブル席は前に座っているお客様と目線が合わないように座席の高さを変えるなどの配慮が。

確かにカフェでも向かい合わせのロングテーブル席って異性の方が座っているとちょっと座りずらい時もあったりしますから、こういった配慮はステキです。
 
小田急小田原線の町田駅からすぐの町田東口店(東京都町田市)は、店舗内をエリアごとに異なるコンセプトを設けているとか。
・ソファ席を設け、落ち着いた照明を設置した「リビング」
・厨房をのぞけるハイカウンターのある「ダイニング」
・明るい内装でロングテーブルを設けた「サンルーム」

こういった席が多いと、今までひとりで外食をしたことがない方もチャレンジしやすいですよね♪
 

ガスト一人席のまとめ

ガストの一人席は、ひとり時間を過ごすにはたまらない空間でした♪
もっと店舗数が増えて欲しい!と思いますし、一人席をまた利用したいです。

個人的には、長時間利用するなら追加注文を(笑)
ガストも商売でやってますから。
あと…個人的には無料Wi-Fiはセキュリティが心配だったりします。
セキュリティ強化もお願いします(今のセキュリティがガバガバって訳じゃないですよ!)。

気軽にひとりの時間を楽しめるお店が増えることは嬉しい限り♪
それだけ、ひとりの時間を楽しむ方が増えてきたってことですよね。
この流れはまだまだ続きそうですね♪

タグ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

MIKA

「充実したひとり時間で毎日はもっと楽しめる!」 ひとりの時間をこよなく愛するMIKAです。 “ひとり時間の楽しみ方”おうちごはんにピッタリな“ずぼら簡単レシピ”など書いてます。

-ひとり時間を楽しむ
-, ,

© 2021 ひとり時間のススメ Powered by AFFINGER5