ひとり時間を楽しむ

【おひとりさま】は変人扱い!?海外のおひとりさま事情

2019-08-01

おひとりさま、ひとりの時間をこよなく愛する同志のみなさんコンニチハ。
「おひとりさま、ひとりの時間をこよなく愛するアラフォーシングルマザー」のMikaです。

男性、女性問わずひとり旅を満喫している方も多いですよね。
私はまだ未経験。
興味はあるけど出来ていない(子供が自立したら楽しもうと思っている)。

ちょっと気になる、こんな記事を見つけました。
これ、ホントなの?
 

スペインで「おひとりさま」は変人扱い? “日本の常識”が通用しない海外での外食事情

記事の内容は…

スペインとギリシャでは食事は大勢でするもの。一人で食事をしているのは奇妙に見えるようだ。
(中略)
一人で食事をすることに違和感があるため、一人の人を見つけると近くのテーブルの人が「こっちに来る?」と声を掛け、自分たちのテーブルに混ぜようとすることも珍しくない。声を掛けられると戸惑うと思うが、そこはお礼をして混ぜてもらうことがマナーのようだ。
(中略)
ドイツでは、「席がなければ相席は当たり前」という文化がある。日本でも食堂などで相席になることはあるが、ドイツの場合、よほどの高級レストランでない限り、相席をすることは日常茶飯事。座っていると「この席、空いていますか?」と話しかけられ、空いていたら相席を認めるのがマナーである。

出典:リアルライブ

日本では「おひとりさま」が定着してきていて、ひとりで外食や旅行など別に珍しくない光景なんですが…

「オーマイガッ!?」

って思う国もあるんですね。
国によって様々な文化があるので、そういうのも不思議ではないのかもしれないけど。

でもひとりが好きで、ひとりで食事等楽しみたい人もよその国にもいると思うんだけど…こういう「おひとりさま文化」のない国にもきっといるであろう「おひとりさま好き」。
そういう人はどうしてるんだろーか?
やっぱり肩身の狭い思いをしているの?

ちょっと気になったので、海外での「おひとりさま事情」とやらを調べてみました。
 

日本は世界一「おひとりさまに優しい国」らしい

日本はひとり焼肉、ひとりカラオケ、ひとり飲み…旅館やホテルもおひとりさま向けたサービスが充実。
どの国も日本以上に「おひとりさま」に優しい国はないようです。

欧米は「カップル(パートナー)文化」が根強くあるらしく、女性ひとりの行動はかなり不自然に映るようです。
例え独身だとしても、外食するにも出かけるにもパーティーに参加するにも異性が必ず同行する。
カップル行動が当たり前なんだとか。

逆にひとりで食事をする時はデリバリーを頼むらしいです。

韓国や中国でもひとりでファミレスやカフェに行くと不思議がられるとか?

あぁ…なんだか面倒くさい…。
実際に体験した話がTwitterでもチラホラ。

こちらの記事も面白いよ。


 

おひとりさま文化の日本サイコー!

とは言え、最近は世界的にレストランで一人で食事する人の姿は見られるようになってきているようです。
世界各国で「おひとりさま文化」は広がりを見せているらしい。

が、まだまだひとりで食事(特に女性)していると周りの好奇な視線を感じることも少なくないようで。

「日本人で良かった」と、おひとりさま好きな私は思うのでありました。

海外のひとり旅…せっかく異国の地へ来たからには現地の食事も楽しみたいところ。
でも食事する場所も制限されちゃう!?

まぁ、どう見られても気にしなきゃいいんですけどね。
二度と会う訳じゃないし。
 

タグ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

MIKA

「充実したひとり時間で毎日はもっと楽しめる!」 ひとりの時間をこよなく愛するMIKAです。 “ひとり時間の楽しみ方”のコツを紹介しています。

-ひとり時間を楽しむ
-,