つぶやき

沸き上がってくる憎しみの感情のコントロールってどうやる?どう向き合えばいいの?

2017-10-18

憎しみの感情が沸き上がる瞬間

人に対して、憎しみの感情が沸き上がる瞬間ってあると思うんだけど…

自分の気持ちをないがしろにされた

そういう風に感じたことがきっかけで沸き上がることが多いんじゃないかと思う。

私もなんか…ふつふつと沸き上がってくる怒りというか憎しみに近い感情に支配されていた時期がありました。

きっかけは、別れた人からの「別れても友達でいたい」という発言。
振られた側はまだ気持ちも吹っ切れずにいるのに、そんなこと言われたら…その言葉にすがってしまうのに。
そして振ったくせに、私が「復縁出来るかも♪」と勘違いしてしまうような、気のあるようなそぶりの言動の数々。
でも本人はそんな気はさらさらなかった…。

私としては、やっぱり振る側って相手が気持ちを引きずらないように、時には嫌われ役にもならなきゃいけない時もあると思っていて、それは相手への優しさだと思ってる。

だからそんな態度をされて、好きという感情が憎しみに変わってしまった。

自分は嫌われたくない、悪者になりたくない

そんな気持ちがあの人は大事なのだろうと感じたのだ。

 
さて、この相手への憎しみ。
どうする?どうすれば消える?
 

憎しみの感情のコントロールは難しい

人を憎しんだところで、自分は楽になる訳じゃない。
んなこたぁ~わかってる。
じゃあ、一旦芽生えてしまった相手への憎しみの感情は、いったいどうすればコントロール出来るのか…?

心の声を聞いてあげる

何がそんなに憎いのか。
どういうことが悲しかったのか、苦しいのか、自分の声をまずは聞いてあげることをしないと憎しみの感情のコントロールは難しいんじゃないかと思うので、ありのままの心の声に蓋をしない。

感情を吐き出す

ノートなどに沸き上がる憎しみの感情を書きつらねてみよう。
話を聞いてくれる人がいるなら、話を聞いてもらうのもひとつの手。

感情を押さえつけたところで、きっと消化は出来ない。
不完全燃焼のままじゃ、傷ついた心はきっと癒されないと思う。
ふつふつと沸き上がる憎しみの感情。
次から次へと感情は沸き上がるし、どんどん膨らんでくるので、その気持ちをノートなどに書いて気持ちを発散させてあげよう。

一呼吸置く

アンガーマネジメントでは、人は怒りのアドレナリンが強く出るのが最初の6秒だと言われているそう。
怒りの感情が沸き上がってきたら、6秒間深呼吸などしてやり過ごしてみよう。

しょせんは赤の他人なんだと諦める

どんなに親密な相手だろうが、しょせんは赤の他人。
他人の気持ち、感情は自分の思うがままにコントロールなんて出来ないんだと諦める。

自分を責めない

怒りの感情は当たり前の感情。
怒りの感情に支配されてしまったことに対して、自分を責めすぎないように。
 

執着とはたちの悪い感情

相手を好きすぎる感情も、相手への憎しみの感情も「執着」なんだって。
この執着がくせ者。
なかなか消えてくれない。
執着は手放さなきゃいけないのはわかってる。
でも…「執着は手放しましょう」「はい、わかりました」そんな簡単にはいかない。

でもね、執着し過ぎていいことなんてない。
うまくいかなくったこの関係。
ただ単に縁が切れただけなんだけど、そう思えるようになるには意識を他に向けるのが一番手っ取り早い。
時間が経てばじきに忘れる。
あえて暇な時間は造らない
予定をいっぱいにしたりして忙しくするのがいいね。

憎しみの感情に捕らわれっぱなしなんてつまらないし、自分にとってもプラスにならないからね。

もっと自分にふさわしい人がいる

そう思ってさっさと忘れてしまおう。
辛いのはちょっとの間だけだよ。
 

ついでにこちらも。

タグ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

MIKA

「充実したひとり時間で毎日はもっと楽しめる!」 ひとりの時間をこよなく愛するMIKAです。 “ひとり時間の楽しみ方”のコツを紹介しています。

-つぶやき
-